はあと薬局

facebook

はあと薬局エムワン公式リクルートサイト

エントリーする

facebook

先輩の声

薬剤師 中西 由貴

鈴鹿医療科学大学 卒業 2015年入社

先輩方・患者様から学び成長する

薬剤師    鈴鹿医療科学大学 卒業
中西 由貴  2015年入社

記事を読む

 皆さんが薬学部を志した理由、薬剤師を志した理由って何でしょうか?私は薬を通して医療に携わりたい、人と関わりたいと思い薬剤師を目指しました。講義や課題、研究、実習で慌しく日々を過ごしていく中で当初の気持ちを忘れがちになっていた5年次、就職活動を控え様々な職種の選択肢のある中、自分に問いかけてみました。どのように薬・人に関わるのか、何がしたいのか……。臨床の現場で働きたい、臨床に出るなら患者さん自身・人の生活に近い方が良いと思いました。道筋がある程度決まったところで働くなら地域に根ざしていて、これから需要が増えていく在宅に力を入れているところが良い、自分のやりたいことができるところが良いな、とさらに掘り下げてみました。そんな折、在宅に興味があるのならばと友人に誘われて参加した薬学生対象の勉強会を企画・開催されていたのが はあと薬局 でした。その時に村井社長の人柄に触れ、また「こんなことがやってみたい・こんなことに興味がある」というチャレンジ精神を汲んでもらえる、支援してもらえる会社だと感じ、ここで働きたいと思いました。
 入社後、4月はマナー研修、新人研修があります。各個人で目標を立て、どのように実現するのか?一つ一つ細かく計画を立てそれに沿って行動し、振り返って反省、次に生かすことの大切さを諸先輩方に支えていただきながら学ぶことができました。日々の業務も今日・今週の目標があり、新人一人一人に合わせて教育担当の先生が指導してくださり、着実にステップアップすることができたと感じています。
また、5月は薬剤師あゆみの会の新人研修があり、他社の先生方・新人薬剤師の方と交流し、多くのことを学ぶことで刺激を受けることができました。他薬局では中々できない体験ができたと思っています。
 経験豊富な先輩方、患者さんから学び、少しずつでも成長していけるように頑張っていきたいと思っています。

閉じる

受付事務 出口 舞

鈴鹿オフィスワーク 医療福祉専門学校 卒業 2010年入社

安心出来る空間づくりを

受付事務  鈴鹿オフィスワーク 医療福祉専門学校 卒業
出口 舞  2010年入社

記事を読む

調剤事務は薬剤師のように薬を処方することができる専門職ではありません。
しかし、薬局で患者さんがまず接するのは受付を行う私たち事務員になります。
病気になってしまった人は少なからず不安を抱えてみえます。
そんな患者さんに不安を感じさせない明るい笑顔で心を和ませ、安心して訪れることができる空間作りをすることも調剤事務にとって大きなやりがいです。
また、エムワンでは患者さんとの会話が多く、何気ない会話から私たちの方が元気をもらう事も多いです。
それは地域のかかりつけ薬局を目指す「エムワン」だからこそだと思いますし、それと共に、地域の患者さんに支えられている薬局だなと日々感じています。
薬の処方は薬剤師しかできませんが、調剤事務はその周辺のサポートをします。
どうしたら薬剤師が仕事しやすくなるか、そのことを考えて仕事するのは「やりがい」につながります。
薬剤師が働きやすい環境を作ることは、調剤事務の機能が向上することでもあり、結果的に患者さんにとってプラスとなると考えています。
その為に、薬剤師と事務員が一致団結して日々仕事しています。
友人のような指導者、信頼できる先輩、切磋琢磨しあえる同期、ヤル気のある後輩、いろんな刺激を受け、自分のやりたい事、挑戦したい事ができる環境がここにある!と私は思います。
人間として尊敬できる職場スタッフと共に仕事していくことで、もっともっと成長していきたいと思っています

(薬局があるから行く薬局ではなく、患者さん自身が選んで行きたいと思ってもらえる薬局、それが私たちスタッフみんなの目指している薬局です。)

閉じる

ページ上部へ