はあと薬局

facebook

はあと薬局エムワン公式リクルートサイト

エントリーする

facebook

先輩の声

薬剤師 光永 圭佑

大阪薬科大学 卒業 2018年入社

薬局に無限の可能性を感じた

薬剤師  大阪薬科大学 卒業
光永 圭佑 2018年入社

記事を読む

私が薬学部に興味をもったきっかけは、新薬を作りたいというところからでした。しかし、研究が自分に合っているとも思わず、本当にしたいことは何なのかという疑問をもちながら薬学部へ入学してしまいました。大学に入ってからは、ずっと薬学部でよかったのか、これから薬剤師になってもいいのかと悩んでいました。そんなときに就職支援をしている人と出会い、私のような悩みをもった薬学生が将来をしっかり考えることを目的とした薬学生団体を立ち上げることになりました。この団体を通して私は薬局や薬剤師に対するイメージが変わりました。
それまでは調剤室にこもって処方箋に書かれた薬を調剤し、患者さんにお渡しする…という仕事だと認識していましたが、実際に団体に関わった薬局を見学するうちに薬局が地域のために様々な取り組みをしていることを知りました。
そしてこれからの薬局薬剤師に求められる仕事の多様性を知り、薬局に無限の可能性を感じました。私はこの経験から地域に必要な薬局を作りたいと思うようになりました。しかし、自分のやりたいことを実現させるためにどこに就職するのが1番良いのか悩みました。そんなときに声をかけてくださったのがエムワンの村井社長でした。社長は私がやりたいことをきき、うちの会社で叶えたらいいと言ってくださいました。実際エムワンを見学した際、従業員がそれぞれ目標ややりたいことを持ち、チャレンジしている姿がみられ、私もここで自分の夢にチャレンジしてみようと思い、入社を決意しました。
私には夢があります。それは「地域の人々に生きる意味(楽しみや価値)を与える薬局をつくる」ということです。現在セルフメディケーションなど予防医療に力をいれられ、健康寿命を延ばそうと言われています。将来的には人生100年が当たり前になるかもしれません。当然薬局もそのような方向へ動いていきますが、健康寿命を延ばすその先はなんだろう?と考えたとき、誰もがただ長生きしたいわけでもないし健康で長生きできるなら充実した人生を生きたいと思うでしょう。そういった人々が楽しく生きたい!と思える薬局を作りたいと思っています。

閉じる

管理栄養士 立木 亜依

椙山女学園大学 2017年入社

患者様の希望がわたしの夢

管理栄養士  椙山女学園大学 卒業
立木 亜依  2017年入社

記事を読む

私の夢は「人に夢を与えられる人になること」です。
私は今、管理栄養士として在宅訪問栄養指導をメインに仕事しています。在宅訪問栄養指導とは、患者様のご自宅へ訪問し、患者様の希望に寄り添った栄養指導を行うことです。
ある患者様が言いました。「旦那のために生きたい。」と。私はその言葉を聞いた瞬間、胸が詰まり、死と向き合う患者様の心の声を初めて目の当たりにしました。学生では体験することがない現実の世界を経験し、つらくて苦しかったです。しかしだからこそ、何としてもこの患者様の力になりたいと思いました。毎日の仕事で、「人のつながり」「感謝の気持ち」「言葉の温かさ」を常に痛感しています。
その中で、私がどう働いていきたいかという夢が2つあります。
1つ目は患者様に生きる希望を与えることです。
「これからもおいしい食事が食べられるように、もう少し頑張って生きよう。」「またこの人に会えるように、もう少し頑張って生きよう。」そう思っていただける管理栄養士になりたいです。そのために、一人ひとりの患者様と真摯に向き合い、長い時間をかけて、信頼関係を築いていこうと思っています。
2つ目は将来の管理栄養士を育てることです。
私は世の中にもっともっと管理栄養士の価値を見出し、社会に必要とされる存在になりたいです。今、管理栄養士になるために一生懸命勉強している学生のみなさんへ、将来の活躍の場を増やし、夢を諦めないでほしいと願っています。管理栄養士になることがゴールではなく、きっとその先に一人ひとり違った夢があり、それを実現して、社会に必要とされる管理栄養士が増えたらいいなと思います。
自分と関わる人の中で、一人でも多くの人を幸せにし、生きる希望、生きる夢を患者様や将来の管理栄養士の皆さんと共に作っていきたい。それが私の夢です。

閉じる

薬剤師 中西 由貴

鈴鹿医療科学大学 卒業 2015年入社

安心出来る空間づくりを

受付事務  鈴鹿オフィスワーク 医療福祉専門学校 卒業
葛西 舞  2010年入社

記事を読む

 調剤事務は薬剤師のように薬を処方することができる専門職ではありません。
しかし、薬局で患者さんがまず接するのは受付を行う私たち事務員になります。
病気になってしまった人は少なからず不安を抱えてみえます。
そんな患者さんに不安を感じさせない明るい笑顔で心を和ませ、安心して訪れることができる空間作りをすることも調剤事務にとって大きなやりがいです。
また、エムワンでは患者さんとの会話が多く、何気ない会話から私たちの方が元気をもらう事も多いです。
それは地域のかかりつけ薬局を目指す「エムワン」だからこそだと思いますし、それと共に、地域の患者さんに支えられている薬局だなと日々感じています。
薬の処方は薬剤師しかできませんが、調剤事務はその周辺のサポートをします。
どうしたら薬剤師が仕事しやすくなるか、そのことを考えて仕事するのは「やりがい」につながります。
薬剤師が働きやすい環境を作ることは、調剤事務の機能が向上することでもあり、結果的に患者さんにとってプラスとなると考えています。
その為に、薬剤師と事務員が一致団結して日々仕事しています。
友人のような指導者、信頼できる先輩、切磋琢磨しあえる同期、ヤル気のある後輩、いろんな刺激を受け、自分のやりたい事、挑戦したい事ができる環境がここにある!と私は思います。
人間として尊敬できる職場スタッフと共に仕事していくことで、もっともっと成長していきたいと思っています

(薬局があるから行く薬局ではなく、患者さん自身が選んで行きたいと思ってもらえる薬局、それが私たちスタッフみんなの目指している薬局です。)

閉じる

ページ上部へ